【ダンまち】ボーナスからのRT確率・弱チャンス目出現率の解析

こんばんは、ざわちゃみです。

急遽、ブログを更新しました!

 

昨日初打ちをした「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」、略して「ダンまち」について考察してみました。

まだ、実践値も少ないのですが、ちょっと解析値に疑問が多かったため、個人的に考察してみました。

参考にするもよし、こんなのもあったよという報告もあれば教えて頂けると嬉しいです(^o^)丿

初打ちの感触があまりにも良かったので、しばらく打ち倒したいと思います!




 

解析値の謎に迫る

 

ダンまちの解析値は既にネット上や紙面等でも出回っていて、皆さんも目にしたこともあると思います。

しかし、まだまだ疑問の多いダンまちの解析。

まだ、5000G程度の実践値ですが、その中でわかってきたことと私なりの解析値をまとめてみたいと思います。

 

①ボーナス合算について

 

設定ファミリアチャンスファミリアボーナス赤ファミリアボーナス青ファミリア合算ディバインジャッジ(ダブル)ボーナス合算
設定11/455.11/1092.31/1638.41/268.61/642.51/189.4
設定21/537.21/179.1
設定51/452.01/168.5
設定61/336.11/149.3

 

これが現在、世に出ているボーナス合算値になります。

ご覧の通り、ディバインジャッジ(ダブル)以外は設定差がありません。

そして、5.9号機の特性として設定差のあるボーナス中は、RTなどの抽選は受けられないはず。

さらに、ファミリアチャンス中も実践上、RTの抽選はしてなかったと思います。

 

となると、8000回転回した場合、確率通りだとファミリアボーナス赤は7.3回・青は4.9回しか引けません。

一日回して12回程度しか、ボーナス中にRTの抽選を受けられるボーナスは引けないという事になります。

ファミリアボーナス中は、赤で1/395.3・青で1/131.9の確率で(マルチプレイに当選する)白七が揃います。

ファミリアボーナス中は、私の計算上では赤で29G・青で36G消化できます(最大獲得枚数の手順を踏めば)。

これを8000回転回した時のシミュレーションに当てはめてみると、

 

ボーナス種類ボーナス回数消化G数合計白七揃い確率白七揃い回数
ファミリアボーナス赤7.3回211.7G1/395.30.53回
ファミリアボーナス青4.9回176.4G1/131.91.34回

 

つまり、8000回転で白七が揃う回数は合算でも1.87回という結果に・・・

 

無理ゲーじゃん。

 

解析サイトを見てみると、赤で約30%・青で約70%のRT突入期待度があるらしいですが、それはほとんどがソロプレイだという事を認識しましょう。

そして、ソロプレイもそんなに確率高いかなぁというのも、ちょっと疑問が残ります。




②弱チャンス目の出現率について

 

弱チャンス目の出現率に関しては、現時点(H30.11.29現在)では明記されているモノはありませんでした。

弱チャンス目のボーナス同時当選期待度は出ているのに、何故出現率は出ていないのでしょうか?

謎が多いですねぇ。

そして、コピペ解析サイトの皆様はそのあたり気にならないんですかね??

 

私は、めちゃくちゃ気になりました!

 

なので、個人的に算出してみました。

あくまでも、参考程度に捉えて頂ければ幸いです。

 

まず、各小役の出現率とボーナス同時当選期待度がこちら、

 

小役出現率同時当選期待度
弱チェリー1/79.41.6%
強チェリー1/336.120.0%
ベルチェリー1/819.250.0%
スイカ1/119.210.0%
強チャンス目1/455.133.0%
強ベル1/91.1~1/87.616.6%~19.8%
1枚役1/9.0~1/8.9
弱チャンス目???45.7%~75.0%

 

ここから、設定1で8000回転回した時の各小役の出現回数と、それに伴う同時当選期待度から算出したボーナス回数がこちら、

 

小役出現回数ボーナス回数
弱チェリー100.8回1.6回
強チェリー23.8回4.8回
ベルチェリー9.8回4.9回
スイカ67.1回6.7回
強チャンス目17.6回5.8回
強ベル87.8回14.6回

 

この計算だと、ボーナス回数は合計で38.3回

また、①で記載した設定1のボーナス合算から算出したボーナス回数は、8000回転×1/189.4で42.2回

その差、3.9回が弱チャンス目によるボーナス当選だと考えると、

3.9回÷45.7%(弱チャンス目同時当選期待度)=8.5回(出現回数)となる。

ということは、8000回転÷8.5回=941.1となり、設定1の弱チャンス目の出現率は1/941.1になるのではないかと考えられる。

これを他の設定でも同様にやってみた結果、ざわちゃみ的弱チャンス目出現率は、

 

設定弱チャンス目出現率
設定11/941.1
設定21/720.7
設定51/666.7
設定61/509.6

 

となりました。

つまり、弱チャンス目を良く引く台=高設定という図式が成り立つのではないかと考えました。

ただし、弱チャンス目は1枚役成立時の一部でフラッシュを伴うのですが、RT中はフラッシュが発生しないので見抜くことが難しいです。

RT中に何も引いていないのに、ボーナスに当選したという場合は弱チャンス目での当選が濃厚なのではないかと思います。

あくまでも、単独ボーナスはないという計算になりますので、また詳しい事がわかりましたら、更新していきたいと思います。

 

 




③RT突入契機

RTの突入契機は、

ボーナス・レア小役・ヘスティアチャレンジ・ファミリアホーム

の4つと言われていますが、ボーナス中のRT突入は①で述べた通り。

 

(これは、マルチプレイ中に引いたファミリアボーナス赤からの白七揃いの画像です)

 

レア小役からのRT直撃ですが、実践上は超高確にいてもかなり厳しかったです。

例えば、超高確で強チェリーを引いてRTに突入した回数0/5。

これが私のヒキ弱だというのであればしょうがないのですが、レア小役から行くケースはほとんど見られませんでした。

また、設定差のあるところなのであれば、おそらく設定1を打っていたのでそれもまたしょうがないでしょう。

 

ヘスティアチャレンジは、そう何度も何度も来るようなものでもないので期待しない方がいいでしょう。

 

ファミリアホームが一番RT突入には現実的だと思いますが、ここに到達するのも結構大変。

 

設定よりも自分のヒキでなんとかさせる台なのかもしれませんね・・・




④演出に騙されるな

 

想像以上に煽ってきますが、ボーナス当選時などはそれをさらに上回る形で煽ってくることが多いです。

赤字を外すのは当たり前。

 

 

レア小役後の連続演出(青→緑→赤といくやつ)だって平気で外れます。

 

 

こっちの演出の疑似連はアツイと思います!

 

こんな感じで当たる時は、激熱とか明らかに当たってるだろっていう演出が来ることが多いです。

過度な期待に注意です。




⑤設定判別はいらない?

 

スイカ揃い(中右リールは白七付近のスイカ)時に右上の役物を触った時に出るセリフがこちら。

 

 

偶然~:偶数示唆

 

 

奇妙~:奇数示唆

 

他にも、「Lv.4以上~」とか「Lv.6以上~」といったセリフもあるそうです。

Lv.4は設定5・6示唆、Lv.6は設定6示唆だと思いますが、偶数奇数のセリフは気休め程度でいいんじゃないかなと思います。

 

 

また、ファミリアチャンス中の背景でも紫が出ることがありますが、高設定示唆と呼ばれています。

もしかしたら、金背景とか虹背景とかもあるのかもしれませんね。

 

まだまだ、打ちこみが足りないのでもっとたくさん打っていきたいと思います!

わかったことは、随時こちらに追加していきます。

稼働記事も近日公開します!

☆皆様の1クリック毎に私のケツアゴが割れていきます☆

☆応援お願いします☆
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村



☆ただのサラリーマンが一つの夢を掴みました☆

私ざわちゃみが漫画の主人公になった!!

パニック7ゴールドにて再連載目指し中!!

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの最新記事8件