【ディスクアップ】実践値から算出、演出別ボーナス期待度・発生率

おはようございます、ざわちゃみです。

先日、ディスクアップでの個人収支が万枚を達成致しました。

その記事はこちらから、

【ディスクアップ】祝!万枚達成、6万回転の収支・機械割は?

 

本日は、ディスクアップの演出に関する記事になります。

実践をしていく中で、「本当にこの演出の期待度90%もある?」とか「演出頻度低いくせに何でこんなに当たらないの?」といった疑問が湧き出てきたので、実際にデータを取ってみました。

まだ、演出に関してそこまで詳しくないという方にも参考になると思いますので、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。



ディスクアップ演出別対応役

 

ディスクアップの、演出別対応役一覧表を作成しました。

細かいものは排除し、わかりやすくまとめました。

コレさえ知っていれば熱く打てると思いますので、覚えてみて下さい。

 

通常時の演出対応役

通常時 ハズレ リプレイ 共通9枚役 スイカ チェリー
滑り音予告(ペラポン)
遅れ
ダブルスタート
ラジカセ+消灯
いきなりルーレット

※通常時のキャラリンフラッシュ・レバーオン全消灯はボーナス確定

 

基本的に、この対応役がハズれた場合はボーナス濃厚になります。

熱い打ち方の一つとして、例えば滑り音予告(ペラポン)では、チェリーがありません。

普段狙えない青七付近を狙うことにより、綺麗なリーチ目が見られるかもしれません。

 

例えば、

下段に青七がビタどまり、中リールも下段に青七が止まれば2確目

 

枠下に青七を狙って、星・リプレイ・星の通称ホ・リ・ホが止まれば1確目

といった感じ。

 

ラジカセ演出+消灯は、激熱です(初めて見た時はハズれましたけど・・・)。

 

遅れ・ダブルスタート音はチェリーを否定した時点でボーナス、いきなりルーレットは逆回転(上段が左から右に回る)の場合共通9枚役を否定するといった法則もあります。



ART中の演出対応役

ART中 ハズレ リプレイ 共通9枚役 スイカ チェリー
滑り音予告(ペラポン)
ダブルスタート
タッチ(イコライザ)
キャラリン+バシュン

※ART中の遅れ・DUルーレット・イコライザ(青)は発生した時点でボーナス確定

 

ART中の演出に関しては、通常時に比べて対応役がかなり少なくなります。

つまり上記の演出が発生すれば、かなりボーナスに期待できます。

 

この他にも、キャラリンフラッシュ発生しバー枠上~上段に押して、上段にバーが停止した時点で1確目になります(チェリーを否定し、スイカも揃わない位置で押している為)。

 

ちなみに、タッチ(イコライザ)演出の種類は3種類。

CHANCEは基本パターン。

リプレイは対応役にないので、ボーナス確定です。

 

BONUSはボーナス確定。

REGの可能性もありますので注意!

 

GEGEGEGET!はビッグ以上確定。

なかなか見れない悶絶の瞬間です♪



実践値から算出した演出発生率

 

どこにも載っていないので、勝手に算出してみました(笑)

一体、熱い演出はどのくらいの確率で発生するのか?

以下、ご覧下さい。

 

まずは、通常時・ART時共通の演出。

通常時ART時共通(34,613回転) 総回数 発生率
滑り音予告(ペラポン) 48 1/721.10
遅れ 25 1/1384.52
ダブルスタート 3 1/11537.67
レバー音パネル全消灯 1 1/34613.00

 

続いて、通常時のみの演出。

通常時のみ(25,133回転) 総回数 発生率
ラジカセ+消灯 2 1/12566.50
いきなりルーレット 16 1/1570.81

 

続いて、ART時のみの演出。

ART時のみ(9,480回転) 総回数 発生率
タッチ(イコライザ) 21 1/451.43
キャラリン+バシュン 5 1/1896.00

 

試行回数が少ないので、あくまでも参考程度に考えて下さい。

ダブルスタートやラジカセ+消灯、キャラリン+バシュンはなかなかの確率なので、出現したら是非とも当たって欲しいですね。

レバーオンで上部パネルが全消灯する演出はまだ1度しか見たことがないのでかなりレアな演出だと思います。

また、試行回数重ねて更新していきます!



実践値から算出した演出別ボーナス期待度

 

私が実践の中でメモした演出発生におけるボーナス期待度は、以下のとおり。

 

総回数 ビッグ レグ ハズレ ボーナス当選率
滑り音予告(ペラポン) 48 17 4 27 43.75%
遅れ 25 3 0 22 12.00%
ダブルスタート 3 0 1 2 33.33%
ラジカセ+消灯 2 1 0 1 50.00%
いきなりルーレット 16 4 2 10 37.50%
レバー音パネル全消灯 1 1 0 0 100.00%
タッチ(白) 12 3 3 6 50.00%
タッチ(赤) 8 4 3 1 87.50%
タッチ(青) 1 1 0 0 100.00%
キャラリン+バシュン 5 2 1 2 60.00%
総合計 121 36 14 71 41.32%

 

遅れからのボーナス当選はやはり10%程度と少ないですが、それよりも期待度70%と言われているダブルスタートが実践上33%しかないのはガッカリでした。

滑り音やいきなりルーレットは大体40%程度の期待度という意味では、演出発生頻度と照らし合わせるとなんとなくあまり当たらないイメージがついてしまいますね。

 

レバーオン時の上部パネル全消灯やタッチ演出で上部ランプ青は滅多に見れるものではないですが、ボーナス確定の嬉しい瞬間です(こちらはレバーオン時全消灯だったのですが、訳がわからなくてとりあえず第一停止してしまった画像になります・・・)。

 

トータルすると、そこそこ熱い演出が発生すれば約40%くらいでボーナスに期待が持てるので、そんな感じで捕らえて頂ければいいのではないでしょうか?

 

こんなことを頭に入れながら、ディスクアップを打つとより楽しめると思います。

 

☆ディスクアップ記事はこちらから☆

☆ただのサラリーマンが一つの夢を掴みました☆

私ざわちゃみが漫画の主人公になった!!

パニック7ゴールドにて再連載目指し中!!

 

押すなよ・・・絶対に押すなよ・・・絶対に・・・
広告