大阪府北部地震ならびに7月豪雨災害について、私たちに出来る事

不定期の更新になります

今回は、大阪府北部地震ならびに7月豪雨災害についてになります。

パチスロの話題は一切出ません、申し訳ございません。

 

見たい方だけ見て下さいと言いたいのですが、そうではない方もどうかご覧になって頂きたい。

 

今回の災害で、被害に遭われた方もたくさんいらっしゃいます。

私のフォロワーさんや読者の方も、たくさん大変な思いをしていらっしゃるかと思います。

 

私は、関東に住んでいるため、直接の被害状況を把握することは出来ません。

情報が行きかう昨今、何が正しくて何が間違っているのか、被害の深刻さを伝えようとする方もいらっしゃれば災害で困っている方を利用して泥棒や詐欺をしている人もいるとの事。

 

また、何かの助けになればと寄付や支援を行えば、「偽善者だ」「何で儲けた金でやってるの」「感じ悪い」といったマイナスの意見まで出る始末。

 

でもね、そんなヤツら相手にしているヒマは私もないし、被害に遭われた方もそんな暇はない。

 

気にしてるヒマはないのです。

 

だから出来る事、やろうと思います!

 

各個人個人、出来る事は限られてはおりますが、何かしら出来る事はあると思います。

ほんのちょっとの気持ちでもいいと思います。

 

被害に遭われた方が、少しでも救われたらいい。

被害に遭われた方が、少しでも安心してくれればいい。

被害に遭われた方が、少しでも笑ってくれればいい。

 

何でもいいと思います。

 

みなさんが出来る事、1つでいいのでやってみませんか?

 

私は、先月発生した大阪府北部地震の際に、ほとんどと言っていいほど行動は出来ませんでした。

ブログを一時休止しましたが、今思えばそんなことをしてもあまり意味はなかったなと思ってます。

 

今回の7月豪雨災害に関しても、悩みました。

何か出来る事はないか?

様々な流れてくる情報を拡散したり、状況を把握したり。

 

思い切って、会社に直談判もしました。

会社として、支援することを検討して欲しい。

ボランティアに行くことなどを考えて欲しい。

 

回答は、未だありません。

 

自分に降りかかっていない災害への興味というものは、こうまでないものなのでしょうか?

自分じゃなければ、いいのでしょうか?

身内がいなければ、いいのでしょうか?

知り合いがいなければ、いいのでしょうか?

 

悔しいです。

 

もちろん、強制するものではないので人の意見を変えるつもりはありません。

ただ、もし今現状何かしらやりたいけど、何をやったらいいのか分からない方もいらっしゃると思います。

私なりに、出来る事をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

義援金・支援金等

義援金や支援金を送ることで、なにかしらの力になりたいと考えていらっしゃる方、参考にしてみて下さい。

Yahoo!ネット募金

 

こちらでは、クレジットやTポイントからでも支援が行えます。

単位も、クレジットカードは100円からTポイントなら1ポイントから寄付できます。

使い道としては、被災都道府県もしくは被災市町村への義援金を予定しているそうです。

また、被災地の復旧活動、被災者の生活再建を目的とした支援活動にも使用する可能性もあるそうです。

 

日本赤十字社

 

平成30年7月豪雨災害義援金

日本赤十字社が義援金を全額各被災都道府県に設置された義援金配分委員会へ送金します。

そこから、各都道府県の義援金配分委員会の決定に基づき、管下の配分対象市町村へ義援金が送金されます。

そして、被災された方々からの申請に基づき、各市町村から義援金が届けられます。

振込み方法は銀行振り込みと郵便局での振り込みがあります。

 

私が実際に行った、郵便局での振り込みに関して見本を交えてご説明させて頂きます。

 

 

郵便局に行くと、払込取扱票というものがありますのでそこに記入していきます。

 

 

には口座記号番号、には口座加入者名、には金額、にはご自身の住所・氏名を記入して下さい。

ちなみに、

7月豪雨災害の義援金に関しましては、

00130-8-635289
日赤平成30年7月豪雨災害義援金

大阪府北部地震災害の義援金に関しましては、

00120-5-587864
日赤平成30年大阪府北部地震災害義援金

と記入して下さい。

 

 

右側の受領証の部分がこういった形になります。

いざ、郵便局に行って困ったり聞くのをためらってしまう時は参考にしてみて下さい。

 

ふるさとチョイス

 

平成30年7月豪雨 緊急寄付

ふるさと納税という形で、各自治体に寄付が出来るそうです。

 

さとふる

 

 

このほかにも、実際にボランティアに参加するなどの方法もあると思います。

ボランティアに関しては、正しい情報・事前準備・持ち物・服装など気をつけなければならない点が数多くあります。

詳しくは、こちらから。

 

ボランティアの皆さんへ

 

他にも出来る事は、あるかもしれません。

 

私の他にも、災害に対する記事を記載されている方もいらっしゃいます。

 

災害寄付の違い 甚大な豪雨被害に私達が出来る事(管理人:DCさん)

「平成30年7月豪雨」の被害状況について(管理人:楽太郎さん)

広島土砂災害について〜現状報告〜 (管理人:ロベルタさん)

 

特に、ロベルタさんに関しましては実際に被害に遭われている方です。

少しでも、力になれるように。

一人の力は微力でも、集まれば大きな力になります。

みなさんで共に協力し合い、この状況を乗り越えていきましょう。